プロフィール

雨蛍

Author:雨蛍
【読み】
うけい

【配布物】
右クリックから対象をファイルに保存でDLし、拡張子をzipにリネームしてから解凍して下さい。
Elona 敵データ表 1.003版
Elona 新・敵データ表 1.02版

こちらは記事へのリンクです。
英語表記「Jsardry」

【好きなゲーム】
 ・Wizardry
  (特に#1,#4,BCF,8)
 ・Might and Magic
 ・Dungeon Master
 ・Diablo
 ・Sacred
 ・Divine Divinity
など

主に自由度の高い物・トレハン物
そしてダンジョン物が好み。



ブログ内検索



Lc.ツリーカテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



月別アーカイブ



最近のコメント



最近のトラックバック



RSSフィード



雨蛍のテキトー趣味日記。主に国内外のPCゲーム(フリー・シェア/新作・旧作問わず)のプレイ日記となります。ジャンルはオフラインRPGが主です。
10 << 2017/11 >> 12
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カードゲームで遊んでみた(ver.1.03)
タイトルの通り…今日は昨日書けなかったカードゲームについてを。

以前、ver.1.03が出た直後に「まだ遊ぶ事は出来ません」と書いたカードゲームですが、
現在の開発版(1.03)でも一応少しは遊ぶ事が可能みたいです。
と言っても、まだ"ゲーム"になる前の段階なので、ゲーム的な面白さは期待しない方が良いです。
それに正常な動作対象外です。遊ぶ前にバックアップを取る等の対処はしておいた方が良いと思います。
F3キーを押す事によってカードゲームの画面に移る事が出来ますが、
一旦カードゲームの画面に入ると、ゲームを強制終了させるか勝負が終わるまで出られなくなります。
ご注意下さい。

私は以前にMTG(Magic: the Gathering)等を遊んだ事があるので、すんなりとルールは理解できましたが…
カードゲームに触れた事が無い方もいると思うので、まずは簡単に現在のルール等を説明します。
とりあえず画面の意味を簡単に。
サムネイルのままだと見難い場合は、クリックして原寸大で表示して見て下さい。
ea_0083.jpg
A 自分のHP。0になると負け。
B x/y xは現在の自分のマナ(後述)。yは不明。
C 敵のHP。0にすると勝ち。
D x/y xは現在の敵のマナ。yは不明。
E 自分の現在の手札
F 敵の手札。見ることは出来ません。
G ここに場に影響するカード(現在は「弱酸性スライム」のみ)が置かれる。
H 自分が召喚したクリーチャー。
I 敵が召喚したクリーチャー。見ることは出来ません。
J ここでターンの終了を行う。

ea_0084.jpg
左上 クリーチャーのHP。0になるとそのクリーチャーは死にます。
右上 クリーチャーの攻撃力。この数値の分、敵プレイヤーにダメージを与える。
左下 召喚に必要なマナ(マナコスト)。
右下 不明。

全てのカードに言えますが、クリーチャーを召喚する(カードを使う)にはまずマナを得なければなりません。
マナはカードを捧げる事によって得る事が出来ます。
(「土地」カードはありません)
捧げたいカードを←→で選んでEnterを押し、を押すとそのカードを捧げる事が出来ます。
捧げたカードは手札から消え、3のマナを得られます。
「捧げる」を行えるのは、1ターンに1回だけです。
またカードを問わず、捧げる事によって得られるマナは3で固定です。
使われなかったマナは、次ターンに持ち越されます。
このマナを使ってクリーチャーを召喚し、先に相手のHPを0にした方が勝ちとなります。

マナを得たら、マナコストを越えない範囲で手札から場にカードを出す事が可能になります。
場に出したいカードを選んでEnterを押し、で場に出します。
「捧げる」は1ターンに1回のみでしたが、召喚は必要なマナさえあれば複数回行う事が出来ます。
攻撃系のクリーチャーは、場に出してすぐに攻撃をするわけではありません。
次のターンから攻撃を開始します。
場に影響を及ぼす物も同様です。
また既に場に影響を及ぼすクリーチャーが召喚されている場合、それを上書きして召喚する事は出来ません。
相手に先に弱酸性スライムを出された場合、それが消えるまで(4ターン)こちらは弱酸性スライムは出せません。
攻撃は場に影響を及ぼす「弱酸性スライム」を除き、全て相手のプレイヤーに行きます。
クリーチャーの攻撃を、クリーチャーで受ける事は出来ません。

※「シュブ=ニグラス」や「かたつむり」等スペル系のカードは、現在では正常に機能しません。


と、こんな感じ?
今後仕様は変わっていくと思うので、現在の詳細なルールを書いたところであまり意味はないと思いますが、
たぶん基本的な所は変わらないでしょう。
当たり前ですが、現在はまだ雛形の状態なので…色々と「なんじゃこりゃ?」と思う所は多いですw
カードが7種類しかない上に、スペルはまともに機能しないので、戦略性はかけらもないです。
クリーチャーの攻撃は全てプレイヤーに行くので、早いターンで多くのクリーチャーを出した方がまず勝ちます。
敵が出したクリーチャーが見えないのもとっても変。
でも…MTG並みの完成度は望みませんが、ちゃんと"ゲーム"になったら面白そうです。
バランス調整がもの凄く大変そうですが…。
てか、デッキは本当に敵を倒した時にドロップするカードで組むのかなぁ…。
最低何枚でデッキを構築できるのかわかりませんが、ドロップのみだとデッキを組むのも一苦労でしょうね。
街の何でも屋辺りでパックを買って、それでカードを得る方が現実的かもしれません。
確か家ゲでもパックを購入して、デッキを組んで遊ぶオマケのカードゲームがありましたね。
ゼノサーガだったかな。あれも当時なんだかんだ言って結構やっていました。

とりあえず今後に期待。
このカードゲームが完成したら、《妹》の育成そっちのけでやってしまうかもしれません…w
スポンサーサイト



この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する




この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://dhg.blog107.fc2.com/tb.php/181-0bc304dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。