プロフィール

雨蛍

Author:雨蛍
【読み】
うけい

【配布物】
右クリックから対象をファイルに保存でDLし、拡張子をzipにリネームしてから解凍して下さい。
Elona 敵データ表 1.003版
Elona 新・敵データ表 1.02版

こちらは記事へのリンクです。
英語表記「Jsardry」

【好きなゲーム】
 ・Wizardry
  (特に#1,#4,BCF,8)
 ・Might and Magic
 ・Dungeon Master
 ・Diablo
 ・Sacred
 ・Divine Divinity
など

主に自由度の高い物・トレハン物
そしてダンジョン物が好み。



ブログ内検索



Lc.ツリーカテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



月別アーカイブ



最近のコメント



最近のトラックバック



RSSフィード



雨蛍のテキトー趣味日記。主に国内外のPCゲーム(フリー・シェア/新作・旧作問わず)のプレイ日記となります。ジャンルはオフラインRPGが主です。
10 << 2017/11 >> 12
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


DD ~ 1stプレイ終了
買ってから一体何年経った事やら…4,5年は経っているかもしれません。
いくらなんでも"休み"の期間が長すぎです。
でも、ひとまずDD(Divine Divinity)の1stプレイを今日終えました。

前回、ドラゴンのパトリアークから"幽体となる方法"=スピリット・フォームのスキルを教えてもらい、
ラストダンジョンである<黒き湖の迷宮>に入る準備が整いました。
と言うわけで、今日はラスダンに突入。
でも、突入の前に…
ラスダンの周りの沼は、スピリット・フォームを使わなくてもポーション連打で行けるんじゃ…?
なんて、前回書きましたが…無理でしたw
試してみたらスピリット・フォームを使わないと、沼を渡りきる直前で即死します…。
そこまでは徐々にHPが減っていくだけですが、ゴール直前でHPがいくらあっても問答無用で即死!
トランスロケート(任意の場所に瞬間移動)を使って、即死するエリアを飛び越るという様な荒業も、もしかしたら可能かもしれませんが…
スピリット・フォームはパトリアークから教わればスキルポイントを使わずに覚えられますし、そちらの方が確実でしょう。

と言うわけで、大人しくスピリット・フォームを使いラスダンに入ります。
ラスダンの構造は単純。でも、広い。

縮小マップで見るとそれ程広くは感じないでしょうけど、実際は結構広いです。
マップを見ればなんとなく察しは付くと思いますが…
中央の道は5箇所ある建物のエリアでそれぞれボスを撃破しないと、最奥まで進む事は出来ません。
所々に障害物があり奥まで進めないので、ボスを倒してそれを消して行きます。
なので、まずはどこでも良いので中央の分岐点から建物のあるエリアへと向います。
もちろんここにも、敵がうじゃうじゃいます。
フリーズ付きの武器があればいくら来ようと楽勝ですが、反面やっぱり単調です('A`)
5箇所にいるボスは、もちろんダークリングの幹部の方々です。
が、ボスとは言えフリーズ武器の前では、ちょっと硬いその辺の雑魚と大差ありません。

これは駄目だ、飽きる。
フリーズ武器は外そう!
…と思ったものの、代わりとなる様な良い片手武器を持っていません。
じゃあ、ちょっと戦闘スタイルを変えてみよう…と。
ボスを2人程撃破した後、余っているスキルポイントをあるスキルに大量投入。

リザレクト:5 神のような力をふるって死者を甦らせる
オーラ・オブ・コマンド:5 召喚したクリーチャーの意志を支配し、自分の意のままに操る
マスター・サモナー:5 召喚の術を極めることによって、召喚したクリーチャーがより一層強力になる
トランスファー・パワー:5 召喚されたクリーチャーがプレイヤーのパッシブスキルの一部を身に付ける

以上です。
サマナー…と言うか、ネクロマンサーのような感じに。
Diablo II(以下Dia2)の様に大軍勢を従える事は出来ませんが、規模は小さいながらもそれっぽい事は一応出来ます。
DDではDia2と違って、蘇生させたらスケルトン系のクリーチャーになるのではなく
倒した敵の強さをある程度受け継ぎ(リザレクトLv5だと本来の75%の能力で)、引き連れる事が可能です。

オーラ・オブ・コマンドで引き連れて行けるのは、最大で5体まで。
ダークリングの幹部の皆さんは、5人。丁度良いじゃない。
早速倒したボス達をリザレクトで蘇生させ、オーラ・オブ・コマンドで仲間に。
dd_017.jpg
リザレクトによる蘇生でも、一応召喚に含まれるみたいです。
ジョセフィーナだけちっとも戦ってくれずに、常時「見てるだけ」なんですが…ま、いっか。
この後は基本的に戦闘はクリーチャー任せ。
放っておけば近場の敵は片っ端から倒してくれます。
火力不足ならカースでも覚えよう…と、思っていましたが、全然そんな必要はありませんでした。
…これはこれでやっぱり少し暇ですが、フリーズ武器で黙々と切り続けるよりは面白いかな。

ラスボスまでこんな感じで、基本的に戦闘は幹部任せにして突き進みました。
ラスボスはもちろん、引き連れている幹部達の親玉です。
親玉は裏切った幹部達でふるぼっこ!
はい、余裕!…でもありませんでした。
ラスボスの火力がかなり高くて、幹部の内何人かはお亡くなりに…。
一応こちらの回復魔法でクリーチャーの回復は出来るんですが、最大のLv5でも回復力不足で焼け石に水でした。
ラスボスは結局フリーズ武器で凍らせ動きを止めて、幹部と自キャラでタコ殴りに。
最後でまたフリーズ武器に頼ってしまった…。

ラスボスを倒したと同時にエンディングのムービーが再生され、その後スタッフロール→タイトル画面へ。
…洋ゲーのエンディングは結構あっさり風味なのは分かっているけど、これはちょっとあっさりしすぎじゃないかしら?w
しかも意味がよく分からないし…。
続編であるBD(Beyond Divinity)をやると分かるそうですが、残念ながらBDは未購入です。
発売当時あまり評判がよろしくなかったので、スルーしてしまいました。
買っておけば良かったかも…と、現在はちょっと後悔しています。


最後まで遊んでみての感想。
やっぱり終盤辺りの単調さと、スキル等のバランス調整が甘いのは致命的かもしれません。
スキルの方は…どのように育てても一応クリアが可能なように、強いスキルを用意したのかもしれませんけど。
武器のフリーズが何にでも効いてしまうのは、ちょっとやりすぎですね。
魔法のフリーズは効かない敵もいるので、武器のフリーズもボスくらいは無効であっても良かったかもしれません。
雑魚は一部を除きフリーズがなくても、文字通りの雑魚です…。
色々欠点はありましたが、豊富で深みのあるクエストと、味のあるテキストは魅力でした。
自由度の方は想像していたよりも低かったのですが、
序盤からどこへ行って何しても良いという位はあったので、窮屈ではありませんでした。
以前Diabloの様なゲームと書きましたが、見た目はDiablo
中身はソロプレイのBG(Baldur's Gate)と言った方が適切だったかもしれません。

1stプレイではセーブ&ロードにフリーズ武器使用と"何でもあり"でプレイしましたが…
2ndプレイは最後にちょっとやったネクロもどきで、セーブ&ロードで粘るなんて事はせずにやってみたいと思います。
ネクロもどきなら序盤を除き、あまり装備に頼らなくても良さそうですし…
Dia2のネクロほど爽快感はありませんが、"ほぼそのまま従えられる"というのが少し楽しかったので。
さすがにすぐに2ndプレイに入る事は無いですが、いずれまたやりたいと思います。


と言うわけで…
DDが終わってしまったので、近いうちに中断していたWiz8の方を再開したいと思います。
TryntonでShamanに会う直前で止まっているんでしたっけ…。
Tryntonは結構退屈な場所なので、やる気のある内に一気に駆け抜けたいところです。
スポンサーサイト



この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する




この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://dhg.blog107.fc2.com/tb.php/161-63b6e736
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。