プロフィール

雨蛍

Author:雨蛍
【読み】
うけい

【配布物】
右クリックから対象をファイルに保存でDLし、拡張子をzipにリネームしてから解凍して下さい。
Elona 敵データ表 1.003版
Elona 新・敵データ表 1.02版

こちらは記事へのリンクです。
英語表記「Jsardry」

【好きなゲーム】
 ・Wizardry
  (特に#1,#4,BCF,8)
 ・Might and Magic
 ・Dungeon Master
 ・Diablo
 ・Sacred
 ・Divine Divinity
など

主に自由度の高い物・トレハン物
そしてダンジョン物が好み。



ブログ内検索



Lc.ツリーカテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



月別アーカイブ



最近のコメント



最近のトラックバック



RSSフィード



雨蛍のテキトー趣味日記。主に国内外のPCゲーム(フリー・シェア/新作・旧作問わず)のプレイ日記となります。ジャンルはオフラインRPGが主です。
07 << 2017/08 >> 09
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


月見
今日はゲームの話題はお休みです。

仕事帰りに見た月が、あまりに綺麗で。
そして…
雲もなく
風もなく
冬も過ぎて、気温も低くなく…

こんな好条件はあまりない。
アレをやらねば!
屋根に出て、茣蓙を敷いて
ワイン辺り(ビール以外なら何でも良いや)適当なお酒を用意して…準備完了!
…と言うわけで、久々に星見をしていました。
昨年の秋辺りに一度やった気がします。それ以来でしょうか。
冬の間は寒くて「見る」どころではないし、夏は夏で蚊が凄いので冬とは別の理由で「見る」どころではないです。
今が丁度良い時期かもしれません。
見ると言っても望遠鏡を持ち出すわけではなく、肉眼で普通に眺めながら…お酒をちびちびやる程度です。

今宵は満月にかなり近い状態の月でした(満月は明日だったかな?)
周りに雲も無く、綺麗な月がくっきりと見えました。
写真でも添えられれば良いんですが…生憎私は未だにデジカメなる最先端機器を所持しておりません。
本当は星を見たいのですが、現在は夜でも一昔前に比べてかなり明るくなってしまって…
数年前に近所にバッティングセンターが出来ましたし、街灯も増えているのでしょう。
余程明るい星でないと、満足に見えません。
でも、今日みたいに月が明々と照らしていては、どっちにしろ星は見えないかもしれません。
まぁ、たまには月見も良いものです。


…が、やはり見たいものは見たいのです。
今日は、星を、見たかったのだ!
しょうがない。リアルで見る事が出来ないのなら、PCで見ようじゃない。
月見にある程度満足したら、これまた久々にMitakaを起動。
mitaka_001.jpg
いざ、星の海へ!

Mitakaって何?と言う方もいらっしゃると思うので、簡単に説明を。
MitakaのHPの「概要」を一部抜粋します。
Mitaka は、 国立天文台 4次元デジタル宇宙プロジェクトで開発している、 天文学の様々な観測データや理論的モデルを見るためのソフトウェアです。 地球から宇宙の大規模構造までを自由に移動して、 宇宙の様々な構造や天体の位置を見ることができます。

4D2U(国立天文台4次元デジタル宇宙プロジェクト)のHPはこちらです。
http://4d2u.nao.ac.jp/
4次元デジタル宇宙ビューワー "Mitaka"(ミタカ)のページはこちらです
http://4d2u.nao.ac.jp/html/program/mitaka/

私が使っているのは、Mitakaの派生版の一つであるMitaka++です。
Mitakaにはプラネタリウムモードと宇宙空間モードがあり、様々な視点から星々を見ることが出来ます。
mitaka_002.jpg mitaka_003.jpg
(画像クリックで原寸大)
左がプラネタリウムモード、右が宇宙空間モードです。
宇宙空間モードでは、恒星や惑星など星をターゲットにして、一気にその付近まで移動する事も可能です。
mitaka_004.jpg mitaka_005.jpg
地球と火星ですね。
フォボスのウーレンベックカタパルトを火星に向けましょう(冗談です)。
衛星や惑星に着陸する事も出来ます。
mitaka_006.jpg
探査機を見たり、位置を知ることまで出来ます。
mitaka_007.jpg

こんな感じで、今日は時間を忘れてMitakaであちこち見ていました。
毎日起動して見るわけではなく、たまにこうして起動してみると…もう、本当に時間を忘れます。
MitakaはそこそこのPCスペックを要求されますし、起動も遅いです。
でも起動の遅さは「遠方銀河データを読み込み中...」等表示されるとwktkして、あまり気にならないのです。
学者さんでもない限り、毎日欠かさず起動する物でも無いでしょう。
たまに起動してwktk&うっとりする。そんなソフトです。


「一番行きたい場所は?」と問われたら、迷う事無く、私は宇宙と答えます。
でも、実際は…生きている間には恐らく無理でしょう。
1969/7/20アポロ11号の月面着陸から、現在約40年経っています。
40年経ってこれですから…私の様な一般人が宇宙に行けるようになるまで、あと何世紀かかる事やら。
私はあと、そうですねぇ…あと30年生存すらかなり怪しいです。
30年の間に、目と鼻の先である月くらいは行ける様にはなりませんかねぇ。

…所詮、他人(ひと)任せの夢。叶う事はきっと無いでしょう。
スポンサーサイト



この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する




この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://dhg.blog107.fc2.com/tb.php/159-6d1eea19
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。